ジャズの名盤の御案内blogです。コメント、リンク大歓迎!
アイディアが欲しいロックetcのプレーヤーの方々にもきっとお役に立てます。

Jazzブログ ~名盤案内所~

Jazz初心者、マニア、プレイヤーetc. 全てのJazzファンに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

放置プレイ

放置しすぎですねー

スポンサーサイト

PageTop

bags & trane

Bags & Trane [12 inch Analog]

『バグス&トレーン』1959年

ミルト・ジャクソン-ヴィブラフォン
ジョン・コルトレーン-ts.
ハンク・ジョーンズ-pf.
ポール・チェンバース-Bass
コニー・ケイ-dr.

まずメンバーがものすごい。
ジャズでヴィブラフォンなんて数えるほどしかいないマイナー楽器ですが
有名どころの巨匠たちはものすごく良いのであなどれない。
単にヴィブラフォンを選ぶ人が少数派なだけ(笑)
PageTop

WHAT'S NEW

ホワッツ・ニュー

『ホワッツ・ニュー』1969年

ビル・エヴァンス-ピアノ
ジェレミー・スタイグ-フルート
エディ・ゴメス-ベース
マーティ・モレル-ドラム

「激しいビル・エヴァンス」
フルートのジャレミー・スタイグがやたら激しいプレイをするので
エヴァンスまでつられてハイテンションなプレイを聴かせてくれます。
このジェレミー・スタイグですが、個性的情熱的フルートを吹くかと思えば
絵を描いたりもする全く意味のわからないお人です(笑)なんなんだコイツは!?

PageTop

Thelonious Monk with John Coltrane

セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン

『セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン』1957年


セロニアス・モンク-pf.
ジョン・コルトレーン-ts.
ウィルバー・ウェア-bass
シャドウ・ウィルソン-dr.
レイ・コープランド-tp.
ジジ・グライス-as.
コールマン・ホーキンス-ts.
アート・ブレイキー-dr.


「コルトレーン モンクの下で 修行中」
奇才モンクと、努力の天才コルトレーンのセッション。
モンクの曲って考えてやろうとすると難しいのよね。
モンク自身は多分ほとんど何も考えちゃいないんだろうけど(笑)
PageTop

帝王マイルス-so what!?



だか~らど~うしーたの~ソーファット。
古き良きマイルス王国ですね。
後期もあれはあれでいいけど。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。