ジャズの名盤の御案内blogです。コメント、リンク大歓迎!
アイディアが欲しいロックetcのプレーヤーの方々にもきっとお役に立てます。

Jazzブログ ~名盤案内所~

Jazz初心者、マニア、プレイヤーetc. 全てのJazzファンに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LAST DATE



『LAST DATE』1964年
エリック・ドルフィー-fl./bcl./as.
ミシャ・メルゲンベルク-pf.
ジャック・ショールス-Bass
ハン・ベニンク-Dr.

ドルフィーの死ぬ直前、一応ラストレコーディング。
後からもっと直前のLiveとか発掘されてるけどまぁそれはそれ。
冒頭のバスクラリネットの「馬のいななき」で引いて消さないでください(笑)
アレはアレで慣れたら最高なんだけど、
5曲目のYou don't know what love isは全てのフルート音楽の中でも最高傑作の一つです。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

残氓




『残氓』(ざんぼう) 1976年
キース・ジャレット-pf. ss. etc.
デューイ・レッドマン-ts. per.
チャーリー・ヘイデン-Bass
ポール・モチアン-ds.


これは万人受けするような音楽ではないです。
ストーリー性の強い熱く激しいJazzです。
Jazz好きだけでなくロック好きや、
音楽やってる人は是非聴いてみてください。
考え方が変わるぐらいの衝撃を受けるかもしれません。

キース・ジャレットはソロやスタンダードトリオだけじゃない。
むしろ個人的にはこれが最高傑作だと思います。

2トラック目のデューイ・レッドマン(テナーサックス)と
ポール・モチアン(ドラム)は最強に大暴れしてます。


2006.11/7現在、アマゾンその他品切れの場合が多いけど、
超名盤なのでそのうち復刻するでしょう。

PageTop

FAR CRY




私が最も愛するJazzプレイヤー、
鬼才エリック・ドルフィーの名盤中の名盤。


『Far Cry』1960年
Eric Dolphy-as. bcl. fl.
Booker Little-tp.
Jackie Byard-pf.
Ron Carter-Bass
Roy Haynes-ds.

決して万人受けはしないプレイヤー。
しかしフィーリングがあえば脳内で革命が起きます。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。