ジャズの名盤の御案内blogです。コメント、リンク大歓迎!
アイディアが欲しいロックetcのプレーヤーの方々にもきっとお役に立てます。

Jazzブログ ~名盤案内所~

Jazz初心者、マニア、プレイヤーetc. 全てのJazzファンに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Thelonious Monk with John Coltrane

セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン

『セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン』1957年


セロニアス・モンク-pf.
ジョン・コルトレーン-ts.
ウィルバー・ウェア-bass
シャドウ・ウィルソン-dr.
レイ・コープランド-tp.
ジジ・グライス-as.
コールマン・ホーキンス-ts.
アート・ブレイキー-dr.


「コルトレーン モンクの下で 修行中」
奇才モンクと、努力の天才コルトレーンのセッション。
モンクの曲って考えてやろうとすると難しいのよね。
モンク自身は多分ほとんど何も考えちゃいないんだろうけど(笑)

1. ルビー,マイ・ディア
2. トリンクル、ティンクル
3. オフ・マイナー
4. ナッティ
5. エピストロフィー
6. ファンクショナル

モンク曲達。
2.TRINKLE,TINKLE
5.EPISTROPHY
あたりが個人的に好き。
エピストロフィーはドルフィーが強烈な演奏を残してるせいで
他の演奏を聴くと「コレこんな曲やったっけ!?」と思う(笑)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。